女性用媚薬の副作用

女性用媚薬は女性の性欲を呼び起こすことができます。また、女性たちの体の性機能を改善できます。女性用媚薬は主にヨヒンベ、マカ、ガラナ、コラナット、トンカットアリ、山藥、枸杞、甘草、百合などという天然由来の成分を採用し、副作用が大きくないと言っても、いろいろな注意点がありますから、重視しなければなりません。

媚薬を服用した後の反応は大体下記の通りです。顔が赤く、呼吸が速く、息が灼熱、視線が燃えるようで、身体中が熱くなり、女性の性欲を喚起するのにとても役立ちます。この時の女性は情熱がほとばしり、膣がしびれて力が抜け、ドキドキして、下半身の分泌が増やし、とても欲しくなり、自ら抑えることができず、貴方のほしいままにすればいい状態に陥っています。

日本で手に入れることのできる海外製の女性用媚薬は日本の厳しい安全基準を満たして販売されているものですので、危篤な副作用はあまり心配する必要はありません。女性用媚薬には主に血行を促進する成分や、中枢神経を刺戟するカフェインなどの成分が配合されていることが多いのが特徴的です。いずれも心臓に負担がかかってしま    う可能性がありますので、血圧の高い方や肝機能に問題がある女性に使うことは避けてください。

また、媚薬というカテゴリ上、安全なものと危険なものの区別がわかりにくく市場に出回っています。偽物も多く出回っており、その中には合法麻薬のような成分的にスレスレのものが売られている場合もあります。このような粗悪品を使った場合の副作用も大変危険ですから、絶対に買わないように注意が必要です。